限られた時間で働ける介護業界は子どもがいる主婦のパートに最適

NEWS

介護のパートとして働く

都合に合わせて働きたいなら【介護業界】がおすすめ

介護業界もパートの割合が多い業界です。常に人手不足状態ということもあり、他の業界に比べてパートや派遣の単価が高いため、短時間で多くの給料を稼ぐことも可能です。そのため、働く時間が限られている子どもがいる女性からも高い人気を得ています。

都合に合わせて働きたいなら【介護業界】がおすすめ

おすすめなのが「介護パート」という働き方

正社員や派遣、パートなどさまざまな働き方がありますが、パートで働くなら介護業界がおすすめです。パートの割合も多く、勤務時間や日数を介護施設と相談しながら決めることができるため、まだ子どもが小さく働く時間が「3時間」や「4時間」など限られている人でも自分の都合に合わせて働くことが可能です。実際に介護施設で働いているパート介護士さんの中には「午前9時~午後3時まで」「午前10時~午後3時まで」といった勤務時間で働いている人もいます。

向いているのは「人の立場に立って話を聞くことができる人」

介護の現場で主役となるのは介護職員ではありません、高齢者の方です。そのため、介護職員には高齢者の方に寄り添うための能力や優しい心が必要不可欠です。家族と離れて暮らす高齢者の方はさまざまな不安を抱えているため、介護職員を頼りにしている人も少なくありません。まずはしっかりと話を聞き「どうして欲しいのか」を読み解くことですが、このとき注意したいのが「相手の立場に立って考えること」です。高齢者の方は、話を聞いてもらえたと思うだけで心の落ち着きを取り戻せることができるので、親身になって話を聞くことが大切なのです。

向いているのは「周囲に目を配ることができる人」

介護の仕事は高齢者の身の回りのお世話だけではありません。それ以外にもたくさんの仕事がありますが、どうしても目先の仕事に目が行きがちです。ですが、高齢者の様子にいち早く気づくためには広い視野で周りの状況を常に把握しておく必要があります。自分の仕事だけでなく、「手が足りずに困っている職員はいないか」「担当じゃない高齢者の方も介助できるか」「トラブルをさりげなくフォローできるか」も一緒に考えながら仕事ができる人は順応力が高いため、臨機応変さも必要とする介護の仕事に向いています。

向いているのは「根気強さがある人」

介護の仕事といっても車いすからベッドへの移動やお風呂の介助、オムツ交換などいろいろな仕事があります。体力的にも精神的にも大変な仕事も多いためついていけずに辞めてしまう人も少なくありません。大変な仕事をしながら高齢者の方とコミュニケーションを取ったり周囲に気を配ったりするのは簡単ではないため、「希望の条件と合致したからなんとなく」というような曖昧な気持ちではじめてしまうと続けていくことは難しいでしょう。根気強い性格の人でなければ続けていくことはできません。

パートで働きたいと考えている人におすすめ!

NEWS

  • 介護パートの探し方 介護パートの探し方

    未経験でもはじめることができる介護パートですが、中には教育体制が整っていない施設もあるので、事前にどんな施設か調べておくことが大切です。職場見学をして様子をチェックしたり、内部情報に詳しい転職エージェントを活用したりすることで詳細な情報を入手することができます。

  • 介護のパートとして働く 介護のパートとして働く

    介護パートとして働く前に、実際にどんな仕事を行っているのかを確認しておきましょう。介護パートは勤務時間が決まっているため、「お風呂の介助が専門」「食事の介助が専門」「夜勤が専門」などそれぞれ特定の分野の仕事を行うことが多いです。

  • なぜ正社員よりもパートを選ぶ人が多いのか なぜ正社員よりもパートを選ぶ人が多いのか

    子どもがいる女性は制約が多いため、家庭と仕事を両立するために「パート」という働き方を選ぶ人も少なくありません。パートは自分の都合に合わせて勤務日数や時間を選ぶことができますが、特に飲食業界と介護業界は正社員よりもパートの割合が多いため気兼ねなく働くことができると人気が高くなっています。