飲食業界と介護業界、どっちのパートが働きやすい?

NEWS

短時間で働きたいなら【飲食業界】がおすすめ

パートとして働きやすいのはどっち?

パートとして働きやすいのはどっち?

飲食業界と介護業界、どちらもパートの割合が多いため子どもがいる女性も働きやすい業界ですが、どちらが働きやすいかと問われれば介護業界の方が働きやすいかもしれません。なぜなら、常に人手不足に悩まされている介護業界は短時間勤務であっても歓迎される傾向があり、年齢や経験、資格が問われないため未経験やブランクがあっても働くことができるからです。ブラック業界ともいわれる介護業界ですが、パートは勤務時間がしっかりと決められているため残業になることもほとんどありません。

パートで働きたいと考えている人におすすめ!

NEWS

  • 介護パートの探し方 介護パートの探し方

    未経験でもはじめることができる介護パートですが、中には教育体制が整っていない施設もあるので、事前にどんな施設か調べておくことが大切です。職場見学をして様子をチェックしたり、内部情報に詳しい転職エージェントを活用したりすることで詳細な情報を入手することができます。

  • 介護のパートとして働く 介護のパートとして働く

    介護パートとして働く前に、実際にどんな仕事を行っているのかを確認しておきましょう。介護パートは勤務時間が決まっているため、「お風呂の介助が専門」「食事の介助が専門」「夜勤が専門」などそれぞれ特定の分野の仕事を行うことが多いです。

  • なぜ正社員よりもパートを選ぶ人が多いのか なぜ正社員よりもパートを選ぶ人が多いのか

    子どもがいる女性は制約が多いため、家庭と仕事を両立するために「パート」という働き方を選ぶ人も少なくありません。パートは自分の都合に合わせて勤務日数や時間を選ぶことができますが、特に飲食業界と介護業界は正社員よりもパートの割合が多いため気兼ねなく働くことができると人気が高くなっています。