パートとして働きやすいのは介護業界!

NEWS

介護のパートとして働く

飲食業界と介護業界、働きやすいのは?

パートの割合が正社員よりも多く子どもがいる女性も働きやすい飲食業界と介護業界ですが、実際に働くのであればどちらの方が働きやすいのでしょうか?2つの業界を比べてみましょう。

飲食業界と介護業界、働きやすいのは?

飲食業界で働くときに考慮したいこと

短時間勤務が可能で前もって申請しておけば休みも取れる飲食業界ですが、シフトが柔軟に組めるがゆえのデメリットもあります。飲食業界は店舗のコンセプトや立地などによってお客さんの入り具合が大きく変わってきます。そのため、忙しさや混む時間帯は流動的で店舗によって違いがあり、忙しくて人手が足りていない場合は勤務時間が長くなったり出勤日が増えたりすることがあります。さらに、平日よりも土日が忙しい場合や土日の人手が足りない場合は平日のみで出勤を希望していたにもかかわらず、土日の出勤をお願いされることもあります。

飲食業界ならではの大変さもある

食事や飲み物を提供する飲食店は店内を清潔に保つことがなによりも大切です。そのため、仕事には接客だけでなく、テーブルや備品の掃除、トイレ掃除や窓掃除、床掃除やゴミ出しなどの清掃も含まれおり、暇な時間=掃除、ということもそう珍しいことではありません。
また、正社員よりもパートが多い飲食業界ではほとんどの仕事はマニュアルに沿って行います。マニュアルの内容は店舗ごとに違いますが、中には接客の言葉遣いを指定したり食材に火を通す時間を秒単位で指定したり、と細かく決められているところもあります。そのため、厳しいマニュアルに慣れるのがなによりも大変、という人もいます。

介護業界で働くときに考慮したいこと

介護の仕事は体力が必要なものから精神的に大変なものまでさまざまですが、ベッドからの移動やお風呂の介助など体力を必要とする仕事も多いため、腰を痛めてしまう人も少なくありません。しかし、時間の融通がききやすく、同じような状況の主婦パートもたくさんいて理解があるため子どもの学校行事に合わせて休みを取ることも難しいことではありません。また、介護の仕事は24時間稼働しているため、短時間勤務であっても需要が多く自分の希望が通りやすいというメリットもあります。

介護業界だからこそ得られるやりがいがある

人を相手にする介護業界は人を想いやる心や優しさが必要な仕事ですが、人生の先輩である高齢者の方と一緒に過ごすことで多くの学びを得ることができます。また、介護は思っているよりも身近な問題です。いずれ自分や家族に介護が必要になることがあるかもしれませんが仕事で介護を経験しているため、その経験を活かしてスムーズに対処することができます。
さらに介護業界はスキルアップしやすい業界でもあります。今は家庭の都合で長く働けなくてもいずれ子どもの手が離れた勤務時間を増やすこともできますし、資格を取ってキャリアアップすることもできるなど、目標を持って働けるため仕事に対して大きなやりがいも感じられます。

パートで働きたいと考えている人におすすめ!

NEWS

  • 介護パートの探し方 介護パートの探し方

    未経験でもはじめることができる介護パートですが、中には教育体制が整っていない施設もあるので、事前にどんな施設か調べておくことが大切です。職場見学をして様子をチェックしたり、内部情報に詳しい転職エージェントを活用したりすることで詳細な情報を入手することができます。

  • 介護のパートとして働く 介護のパートとして働く

    介護パートとして働く前に、実際にどんな仕事を行っているのかを確認しておきましょう。介護パートは勤務時間が決まっているため、「お風呂の介助が専門」「食事の介助が専門」「夜勤が専門」などそれぞれ特定の分野の仕事を行うことが多いです。

  • なぜ正社員よりもパートを選ぶ人が多いのか なぜ正社員よりもパートを選ぶ人が多いのか

    子どもがいる女性は制約が多いため、家庭と仕事を両立するために「パート」という働き方を選ぶ人も少なくありません。パートは自分の都合に合わせて勤務日数や時間を選ぶことができますが、特に飲食業界と介護業界は正社員よりもパートの割合が多いため気兼ねなく働くことができると人気が高くなっています。