シフト調整が可能な飲食業界は子どもがいる女性のパートに最適

NEWS

短時間で働きたいなら【飲食業界】がおすすめ

短時間で働きたいなら【飲食業界】がおすすめ

飲食業界は忙しいから子どものいる主婦がパートとして働くのは難しいのでは?というイメージを持っている人も多いかもしれません。ですが、飲食店はシフトを柔軟に組んだり短時間勤務もできるなどメリットが多く、むしろ子どものいる主婦におすすめの仕事です。

短時間で働きたいなら【飲食業界】がおすすめ

シフトの調整がしやすい

子どものいる主婦に飲食業界は不向きだと思っている人も多いかもしれませんが、実はメリットが多く働きやすい業界です。飲食業界は平日だけでなく土日のシフトもあるため、「平日は無理だけど土日の少しの時間なら働ける」「少しだけ短時間で働きたい」という人に向いています。短時間なら断られてしまうかもしれないと思っている人もいるかもしれませんが、飲食業界は休日の方が忙しくなる傾向があるため、短時間勤務でも歓迎されるのです。
また、「子どもの学校行事があるから休みたい」「この日はいつもよりも早く帰りたい」といった場合もシフトを柔軟に調整してくれるため、家事や育児と両立しながら働くことができます。

女性に嬉しい効果もある

飲食業界はたくさんの人と接するため笑顔でいる時間がとても多いです。慣れるまでは自然に笑顔を作ることは難しいかもしれませんが、笑顔は優しい表情を作るだけでなく女性に嬉しいリフトアップ効果ももたらします。

向いているのは「人とコミュニケーションを取るのが好きな人」

飲食業界は人と接することが多いためコミュニケーションが必要不可欠です。お客さんとのコミュニケーションはもちろんですが、従業員同士のコミュニケーションも重要なポイントです。キッチンでの調理には連携が必要ですし、お店の雰囲気はホールスタッフが作り出しています。スタッフがビクビクしながら働いている職場とのびのびと楽しく働いている職場、お客さんはどちらに足を運びたいと思うでしょうか。お客さんとのコミュニケーションを良好に保つのは当たり前、さらにスタッフ同士の関係も良好に保てるように積極的にコミュニケーションが取れる人が飲食業界に向いています。

向いているのは「人に喜んでもらうのが好きな人」

お客さんにサービスするのが好きな人や人に喜んでもらうことが好きな人も接客業に向いています。飲食業界の仕事はマニュアルに沿って行いますが、ときには自分で考えてサービスを提供することもあります。たとえば、子どもがいる場合は子ども用の食器を準備したり、アレルギーのある人には料理を詳しく説明したりとお客様一人一人に合わせて接客します。人を相手に仕事をする飲食業界はマニュアル通りに行うことも大切ですが、「自分がしてもらって嬉しい接客」を心がけることも大切です。忙しい時間帯などは目が行き届かなくなってしまうかもしれませんが、常に周囲に気を配りながらサービスすることが苦に感じない人は向いています。

パートで働きたいと考えている人におすすめ!

NEWS

  • 介護パートの探し方 介護パートの探し方

    未経験でもはじめることができる介護パートですが、中には教育体制が整っていない施設もあるので、事前にどんな施設か調べておくことが大切です。職場見学をして様子をチェックしたり、内部情報に詳しい転職エージェントを活用したりすることで詳細な情報を入手することができます。

  • 介護のパートとして働く 介護のパートとして働く

    介護パートとして働く前に、実際にどんな仕事を行っているのかを確認しておきましょう。介護パートは勤務時間が決まっているため、「お風呂の介助が専門」「食事の介助が専門」「夜勤が専門」などそれぞれ特定の分野の仕事を行うことが多いです。

  • なぜ正社員よりもパートを選ぶ人が多いのか なぜ正社員よりもパートを選ぶ人が多いのか

    子どもがいる女性は制約が多いため、家庭と仕事を両立するために「パート」という働き方を選ぶ人も少なくありません。パートは自分の都合に合わせて勤務日数や時間を選ぶことができますが、特に飲食業界と介護業界は正社員よりもパートの割合が多いため気兼ねなく働くことができると人気が高くなっています。